トップ / どんな会社の求人がいいか

会社の求人に応募する

どんな会社の求人がいいか

希望の求人を待つための裏技 

どのような企業も求人を出しますがその中でも特別なものが一つあります。それは新卒採用と言い、実務経験がなくても歓迎してくれる数少ない就職のチャンスの一つです。この機会を逃すと中途採用という形でした就職することが出来なくなります。この中途採用は何らかの実務経験を持っており即戦力として活躍できる場合にのみ採用されるという狭き門になります。そのため就職活動が思うように進まなかった場合の最後の手段として、卒業せずに次の新卒求人を待つ就職浪人という選択肢を取るケースがあるのです。これはわざと卒業せず、新卒の身分を1年延長することを意味します。

就職浪人が増えるわけ 

求人倍率が高いのに、就職浪人が増えているのは、一つは企業が採用する人材を非常に限定しているという理由があります。企業は昔のように、人材を時間をかけて育てている余裕がなくなってきてしまっています。それは規制緩和による海外企業との競争の激化と、派遣社員の増加が背景にあります。最近は時間をかけて研修を行い、人材を教育する企業は殆ど無く、採用後すぐに職場に配属し、即戦力として仕事をさせるケースが増えています。その為、求人倍率が高いのにもかかわらず企業が人材の選り好みをするので就職したくてもできない就職浪人が増えているのです。

コマドヨ